携帯・デジカメ

Tuesday, January 13, 2004

※大事なお知らせがあります

今日はnet.center.007.007@ezweb.ne.jpさんからです。
大英帝国の諜報部員なのかなぁ・・・?
ezwebもバシバシ来るんだよな。
これって、ドコモの料金高いから、auがドコモユーザーに「ドコモはパケ代高いぞ~高いぞ~、auはお得だぞ~お得だぞ~」っていうことを知らしめるために多いのでしょうか?


貴殿の携帯電話よりログインされましたサイトの利用料の入金が確認できず、調査依頼がでております。
(1月13日現在)
協議の結果、最終和解案をご用意致しましたので至急、下記料金センターまでご連絡ください。

ネット情報管理センター
03ー5745ー4457
担当:橋本

*ご連絡なき場合は法的手続きによる強制執行になりますので早急に和解をお勧めします。尚、当センターは悪質な回収業者とは一切関係ありません。安心してご相談ください。身に覚えの無い回収や請求がきてお困りの方も、ご相談にのります。


笑わせますよね。『身に覚えの無い回収や請求がきてお困りの方も、ご相談にのります。』っていうのが。
この『大事なお知らせ』も身に覚えないのに・・・(^^)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Monday, January 12, 2004

※重要通達※

center08417@ezweb.ne.jpさんからこんなメールいただきました。
料金高いドコモが喜ぶだけだ(;_;)


アダルトサイトの未納料金に付き、運営事業者から再三の連絡にも関わらずご清算頂けない中、弊社の顧問弁護士と協議した結果、以下の手続きに移る。
1.東京地方裁判所を第一審専属的合意管轄裁判所とし民事訴訟手続きに入る。
2.回収専門業者に委託し鋭意回収作業に移る。
尚、貴殿の状況も考慮し本状到着より1日の着手猶予を取りますので下記まで連絡下さい。
0352066187
0352066863
情報債権管理センター

| | Comments (5) | TrackBack (0)

こんな携帯あったらなぁ・・・

携帯電話・・・これは僕と彼女の中ではとても重要なインフラのひとつです。

この携帯電話があるお陰で、これまで何度となく、彼女との危機も乗り越えてくることが出来ました。
きっと、携帯がない時代ではとっくに終わってたかもしれません。

こんな小さなデバイスが僕と彼女を結び続けていてくれています。

といっても、僕も彼女もそんな大した機種は持ってません。

でも、ポイントは僕、結構たまってますよ。通話料もメール代もバカにならないですからね。
だから、携帯変えられるんですけど、まだ504iです。

で、最近次はどれにしようかなと思ってるんですけど、ドコモにはあまり魅力的な端末がない気がします。
料金も高いし。でも、諸事情で変えませんけど・・・。まだね。

モックアップの携帯を携帯電話屋さんで触ると、あ~、やっぱり・・・

僕の欲しいのは、どこを触っても音の出ない携帯が欲しいです。
キー押しても、フタを開け閉めしても。

でも、こんな要求は通らないんですよね。
今の携帯はカメラなんかも付いているから、シャッター音も出さないと盗み撮りされても気づかないでしょうし。
僕も隠れてメールするにはキーの音や開け閉めの音しない方が都合がいいんですけど。

でも、こんな要求は通らないんですよね。やっぱり。

わがままでした。でも、比較的静かな端末ご存知の方は教えて下さい。

※「静か」の定義:夜中寝静まっている時にキーを押しても隣にいる人に迷惑がかからない(気づかない)程度の音

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sunday, January 11, 2004

助かるなぁ・・・iモード災害用伝言板

僕たちは離れているので、こっちで地震などの災害に巻き込まれたら彼女に心配をかけますよね。
そんな僕たちにも有益なサービスがドコモから提供されます。

僕は何があっても死なないつもりですけど、連絡がすぐ取れるか分かりません。
それにはちょうど、いいサービスです。
もちろん、PCからもアクセスできますよ。

テレビのニュースでも流れてたので知ってる方も多いと思いますが、念のためご案内申し上げます。

iモード災害用伝言板サービスを開始


iモード災害用伝言板サービスを開始
<2004年1月9日>


NTTドコモ及びNTTドコモグループ8社は、iモードサービスを活用した災害時の新たな安否確認の方法として「iモード災害用伝言板サービス」の運用を開始することについて、本日総務大臣に届出を行いました。
現在、NTTドコモグループ全体では全国4,500万人以上のお客様に携帯電話をご利用いただいており、今や携帯電話は人々の生活に欠かせない情報インフラとなっております。このため、地震等の大規模災害発生時には、災害復旧活動にあたる行政や防災機関等に加えて、多くの一般ご利用者の方々が被災地への安否確認等に携帯電話を利用され、結果として通信がつながりにくい状態となることが予想されます。
「iモード災害用伝言板サービス」は、大規模災害発生時に被災地周辺の方はご自身の安否情報を書き込んでいただき、ご家族やご友人、知人等の方は書き込まれた安否情報をご確認いただくことができる電子掲示板であり、音声以外の通信手段を利用した災害時に限定してご提供するサービスです。

これで、少しはこんなときも安心してくれるといいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)